脱・多汗症プログラム

脱!多汗症、最初の一歩は「認めること」

多汗症でもありのままに生きる!

革新前心!元・多汗症のコーチです。

 

多汗症には2種類の発汗があります。

一つは、温熱性発汗。

これは暑い時は汗をかく、というやつで、

ごく普通の体の作用ですね。

もう一つが、精神性発汗です。

これは精神的な変化に応じて、汗が出るというもの。

まさに悩ませてくれる発汗です。

焦ると汗が出る。

同じみなやつです。

実はこの精神性発汗、

いまだそのメカニズムがわかっていません。

これだけ現代医療が進んでも、

分からないって驚きですよね。

原因がわからないので当然、治療法も確立されていません。

というわけで、

四の五の言って悩んでも

治せないのなら仕方ない!

イエイ!

と開き直れるなら、

苦労はないのですが、、、

そうもいかないのが精神性発汗です^^;

そこで最初の一歩はまず「認めること」です。

そこからすべてが始まります。

なんで汗なんかに悩み続けなければいけないんだ、、、

こんな身体じゃなければ、

もっとチャレンジもできるのに、、、

汗のせいで人並みの生活もままならない、、、

私も何度も心の中で発していました。

これ、コーチングを学んでから知りましたが、

いわゆる「セルフトーク」というものですが、

その視点からもNGでした。

汗を否定し続けてばかりいても、

自体は好転しません。

何よりも汗をかく自分も否定しているのですから、

よろしくないのは明らかです。

なので、まず精神性発汗の自分、

その自分をまるごと認めてください。

すべてはそこから始まります。

治せないのなら受け入れちゃいましょう。

ラクになる、というよりは、

これから本当のゴールに向かう準備と考えてください。

そうは言っても、

汗をかいているその瞬間は、

それどころじゃないかもしれません。

そんな簡単じゃないのもよく分かります。

それでも伝えたい。

まず「多汗症の自分を認めること」です。

先ほどの否定の言葉が頭に浮かんだら、

「あー、また意識しているなー、でも大丈夫♪」

と、受け流していきましょう。

これは訓練でできるようになります。

認めて、和らげ、手放す。

そして「本当のゴール設定」ができれば、

自然と汗への意識、執着はなくなります。

いつの日か、多汗症だったから今の自分がある、

そう思える日がきっと訪れます!!



脱・多汗症7日間プログラム

多汗症をコーチングで克服した経験をもとにプログラムを作成しました。まずは7日間で多汗症の悩みから抜け出す方法をメールで配信します。近日公開しますのでぜひご登録ください!

今すぐ登録する