頭部多汗症の克服に挑んだ30代リーマンの歩み
汗の悩みで人生を無駄にしないために

精神性の発汗、顔汗、頭部多汗症のお悩みに役立つ情報をお届けします。

当ブログにお越しいただきありがとうございます!!

精神性の多汗症にずっと挑んできたコバヤシナオキ(仮名)と申します。これまでの私の経験が、あなたの顔汗、頭部の多汗症、そして精神性の発汗に、そう、いわゆる滝汗のお悩みに少しでもお役に立てれば嬉しいです!!

 

管理人がこれまで多汗症と戦ってきたことを詳しく知りたい方は、
多汗症との歩みと想い」をご覧ください


写真は、これまで多汗症に挑んできた戦友たちです(詳細はリンク先とページ下部記載)

精神性の多汗症を治す、とは?

私が「精神性の多汗症を治っている」と言う理想のイメージは、

「本来したいことに集中し、
汗のことをその時すっかり忘れていること」

だと考えています。

要は滝汗でびしょびしょでも、今目の前で起きていることに集中できるぐらい汗のことを忘れて入れば、それは克服できたと言えるのではないかということです。

そのためには、まずは物理的に汗をかかない経験、いわゆる成功体験を積むことが精神性の発汗には極めて大事になります。この成功体験は、厳密に言えば人それぞれ異なります。でももし、私の理想に共感してくれる人がいたら、僕のこれまでやってきた対策、経験が役に立つかもしれない、何かヒントになるかもしれない、そう思ってこのブログを始めました。

多汗症対策は自分で見つけるしかない

僕は、手術以外のあらゆることを試してきました。

産業医やお医者さん、カウンセラー、時にはお坊さんにも頼って見ました。でも結局、その人が多汗症で悩んでいない限り、僕らの悩みは理解しえないことを痛感しました。彼らの診断結果は、むしろ精神性多汗症の僕にとっては、むしろ悪化すらしかねないと感じた時もありました。権威ある人に言われてしまうわけで、ショックは大きいですよね。

僕が言われてきた言葉は、こんな感じです。

・自律神経の乱れが原因かもしれません
・汗をかくことはそんなに恥ずかしくないですよ
・おそらくストレスが原因でしょう
・誰だって緊張したら汗かきますよ、私だって緊張したらかきますよ
・誰もあなたのことは気にしていないですよ
・気にしすぎですね
・完璧主義なのかもしれませんね

相手からすれば、私のために、良かれと思って投げてくれるお言葉です。

それが、分かっていても、「そうなれない自分」にまた自己嫌悪になるわけです。

多汗症の悩みを誰かに分かってもらいたかったかもしれない

お医者さんやお坊さんにまで頼ったのは、どこかで誰かにこの辛さを知ってもらいたかったのかもしれません。ネット上で、同じように精神性の多汗症に悩んでいる方の存在を初めて知った時は、自分だけではないんだ、と勝手に励まされました。今は、同じように感じてもらいたいとも考えています。

とはいえ、それで多汗症が治るなら良いのですが、気持ちの面では軽減されるものの、やはり知りたいのは具体的な解決策です。

汗が止まればいい、ただそれだけ。

正直言うと、精神性の多汗症を完治させる薬、治療法はまだこの世にはありません。それはガイドラインでも明らかにされています。

悲しいかな。

でも、ピンポイントで効果があるものはたくさんあります。これは薬に限らずです。

このブログで紹介する方法では、もしかしたらうまくいかないかもしれませんが、きっと今よりちょっと改善することが見つかると信じています。また、その成功体験を自信にして一歩ずつ理想に近づいて行きましょう。

ぜひ、あなたもご自身に合った方法を見つけ、汗のことをすっかり忘れ、あなたが本来したいことに全力で集中できることを心から願っています。

管理人の改善パターン

私の多汗症対策をシンプルに言うと、

1)大事なシーンでは制汗剤と内服薬を併用する
2)日常的なシーンでは、制汗剤のみを利用する
3)長期的にメンタルを鍛える

です。

制汗剤は、医薬品と市販のもの、内服薬は医薬品を使用しています。また、そのほかのアイテムとして、制汗シートや小型扇風機なども使っています。以下は、私の戦友たちです。

① 制汗剤(医薬品):パースピレックス・ローションタイプ
② 制汗剤(医薬品):パースピレックス・ロールオンタイプ
③ 精神安定剤:エチラーム
④ 内服薬(医薬品):プロバンサイン
⑤ 制汗剤(市販):サラフェプラス
⑥ 制汗剤(市販):OIL PROTECT
⑦ メンタル測定器:emWave2
⑧ 電子書籍デバイス:kindle
⑨ 書籍:メンタル、瞑想、コーチングなど
⑩ 座禅用の座布

管理人が現在も行なっている多汗症対策

まずは何はともあれパースピレックス!

大事なシーンに欠かせない制汗剤!
タイプ制汗剤(医薬品)
製品名パースピレックス・ローション
オススメ度
詳細発汗そのものを抑える制汗剤です。角栓にフタを形成し、汗腺の出口を塞ぐことで、発汗を抑えてくれます。肌の刺激はありますが、私も含めて多くの方がその効果を実感されている製品です。
販売先パースピレックス・ローション(Perspirex Lotion)

内服薬はプロバンサインのジェネリック、プロスパスで。

大事なシーン前に必ず服用!

 
タイプ内服薬(医薬品)
製品名プロスパス
オススメ度
詳細有効成分のプロパンテリン臭化物を含有した胃・十二指腸潰瘍、夜尿症、遺尿症、多汗症の治療に用いる薬。プロバンサインと同じ有効成分のため、特に多汗症の人に人気があり、リピーターが多い。
販売先プロスパス (Prospas) 15mg

私は内服薬としては、プロバンサインを使用していました。なお、現在は購入先であるオオサカ堂さんでの取り扱いがなくなったため、プロバンサインをお求めの際には、ジェネリックであるプロスパスを選択することになります。

市販の制汗剤は、顔汗専用のサラフェプラス

制汗剤

 

タイプ制汗剤(市販)
製品名サラフェプラス
オススメ度
詳細「サラフェプラス」はサッと数秒でメイク後でも塗れる、ジェルクリームタイプの制汗剤です。ご想像のとおり、基本的に女性向けに開発された製品です。が、パースピレックスを普段使いするには、肌への影響が気になっていたため、日常使いの制汗剤として試しています。
販売先株式会社ハーバーリンクスジャパン

サラフェプラスについては近日中にレビューをあげます。ちなみに使用を始めてからの感想ですが、やはり顔に塗っても良い制汗剤は心理的にも嬉しいですね。パースピレックスは塗った瞬間にヒリヒリ感がくるので、日常使いには持っていて正解だったと感じています。

サラフェプラスのレビュー記事:
近日公開

瞑想をしっかりやるための坐布とメンタル系の書籍

瞑想、マインドフルネスに欠かせない坐布
メンタルトレーニングに関する書籍類
タイプメンタルトレーニング
製品名座布書籍類
オススメ度
詳細座禅を組んだときにお尻の下に入れ、正しい姿勢を保つために用いられる座禅専用の座布団。メンタル面に関わる書籍多数。多汗症への効果については、読書後にどのようなアクションを取るか次第。
販売先仏壇屋滝田商店ブランド 座禅布団(座布)
Amazon

ありたい姿をいきいきと描くコーチング

タイプメンタルトレーニング
製品名こーtチング
オススメ度
詳細対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。 相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。
販売先Twitterアカウント

 

コーチングのセッションを私と行いませんか?
多汗症の方に向けて、コーチングのセッションをしばらく無償でご提供(場所:東京都内、それ以外は要相談)します。もし、お望みの場合は、私のTwitterアカウントへメッセージを入れていただければ、こちらからご連絡いたします。

コーチングの関連記事:
1)「精神性多汗症の僕がコーチングを学んで感じたこと、その可能性。

2)コーチングで勇気づけ!多汗症の悩みについてのデモセッションを公開!

さいごに

精神性の多汗症の方は、気づくと誰もが汗をかくような場面(例えば、夏の日のBBQや、ライブ会場などで)すら、できることなら汗をかかないでいたい、という考えに至ってしまうようです。かくいう、私がまさにそれでした。

精神性の多汗症、顔汗が常態化してしまうと、汗に関する自分への条件がとても厳しいものになってしまいがちなんですよね。

ですので、ぜひここで一旦、深呼吸。
ぜひ真剣に考えてみてください。

 

あなたのできていることは何でしょうか?今すでに、お使いのお薬や多汗症について何か効果のあったこと、期待できそうなことは何でしょうか。まずは、そちらをしっかりとチェックして、あればそれを継続して、ぜひ成功体験を積み上げてください。

大切なことは、多汗症を治すのがゴールではなく、治ったらどうしたいのか、これを目指していきましょう。

コバヤシ ナオキ