心得的なこと

パートナーに「多汗症」を伝える際の心構えとは?

今日は、

あなたの大事なパートナーへ「汗」のことを伝えるときの

ちょっとした考え方についてお伝えしていきます!

 

すでに、パートナーや大事な人、友人へ「汗」について、

話をされた方は、素晴らしいです!

 

今日は読み飛ばしてくださいっっ!(笑)

 

これまで、

「自分の汗の辛さを分かってほしい!」と、

伝えたことがある人、または、伝えたいけどできない人

に向けたお話です。

主張ばかりしても、分かってもらえない。

ちなみに上記を伝えたことがある人も、

「すごい良く分かるよ!」と返ってきた人は、

おそらく、少ないのではないかと思います。

そもそも「汗が理解されにく」と言うこともありますが、

実はこれ「汗」に限った話ではないんです。

先の主張「自分の汗の辛さを分かってほしい!」

この「汗」と言う言葉を

「仕事」、「家事」、「忙しさ」

などの言葉に置き換えるとわかりやすいかもしれません。

  • 自分の「仕事」の辛さをわかってくれ!
  • 自分の「家事」の辛さをわかってくれ!
  • 自分の「忙しさ」をわかってくれ!

これ、パートナーから言われたらどうでしょうか。

状況や心持ちもあるかもしれませんが、

「いやー、それよりも自分の汗の方がよっぽど辛いよ〜、、、」

って、なっちゃいそうじゃありません?

はい、そうなんです。

コミュニケーションにおいて、

主張をぶつけると

相手からも主張が返ってきてしまい、

結局、主張のぶつけ合いで終わってしまうのです。

*特に喧嘩の時がわかりやすいですよね。

もし、本当にあなたがパートナへ、

「汗」への理解を求めたいなら、主張はグッと堪えましょう。

自分を認めて開示すること。

では、どうすれば良いのでしょうか?

一つの方法は、

「自分の心の奥底にある声に耳を傾ける」

ことです。

もう少し具体的に言うと、

こんな質問に答えることです。

「相手に対する諦めの心はなんでしょうか?」

  • どうせ、汗をかく自分なんか嫌がられる
  • 汗をかく自分が心底情けない
  • 相手が受け入れてくれるはずない

どれか、近いものはありましたか?

これは人それぞれですし、

普段は無意識なので気づきづらいですので、

ぜひご自身の声を見つけてあげてください。

そして、その声をそのまま自己開示しちゃいましょう!

さらに、

今の状態がそのまま続いたら、この先どうなってしまうか。

そのいわば、

 

「何としても避けたい結末」

 

も吐露すると良いでしょう。

この自己開示をすることで、

返報性の原理が働き、

必ずと言っていいほど相手も自己開示をしてくれます。

パートナーを信じてみましょう。

パートナーの声に耳を傾けてみてください。

少なくとも主張の言い合いにはなりませんので、安心してください。

ふたりで一歩を踏み出そう

あとは、ふたりでこの状況から抜け出す策はないか?

と、問い続けていきましょう。

これまで汗を気にして、したくてもできなかったことは何ですか?

なんて問いも良いかもしれませんね。^^

この問いから生まれたアイディアや行動は、二人の力です。

ぜひ勇気を出して一歩を踏み出してみてください。

それでは、今日はこの辺で。

 

脱・多汗症7日間プログラム

多汗症をコーチングで克服した経験をもとにセルフプログラムを作成しました!

多汗症の悩みから抜け出す方法を7日間で実践できます。
リリース公開記念の特典もご用意しています。
ぜひご登録ください!

今すぐ登録する