脱・多汗症プログラム

汗の悩みを忘れる一歩は「完治を○○す」!?

あなたの「人生のゴール」ってなんでしょうか。

 

実はコーチングを学ぶまでは、私はこの手の質問が苦手というか、あまり好きではありませんでした。

なぜなら、「やりたいこと」を探してばかりいる自分と「多汗症」に対する不安を常に抱いている自分は、まず多汗症をなんとかしない限り、何もできないと思い込んでいたからです。

ただ、今それは違っていたな、というお話をします。

 

さて、多汗症の人、つまり以前の私のことです。

今思えば、あの頃は「治すこと」、それ自体がゴールになっていました。

この汗の問題さえなければ、、、

これさえ治ればやりたいことに向かえるのに、、

やりたいことをしっかり見つけられるのに。

この問題さえなければ、もっといろんなチャレンジができるのに。

と、完治しなければ何もできないとと思っていました。

そのために様々な方法を試しました。

ちなみに、あがり症については、克服することを目的にして、スピーチの技術、ノウハウの書籍、教室にだいぶ投資することで、実際に改善しています。

が、多汗症は現代医療において、治療法がまだ確立されていません。

なので、「多汗症の完治」は正直どうでもよく、気にしてない、囚われてない状態こそゴールと言えます。

そりゃ治ることにこしたことはありません。でも事実、どうやっても完璧には治せないんですもん。

 

では、どうするか?

それは、

完治することを「手放す」ことです。

そのために、別の目指したいゴールを設定する必要があります。

 

汗を軽減できる有効な方法は、

世の中に沢山あります。

それらの中で何が自分に合うか、

知っておく(試行錯誤する)ことは大切です。

 

それは本当のゴールに向かうときにも強い味方になってくれますから。

 

もし、汗の問題がないあなたなら何をしますか?

何がしたいですか?

 

脱多汗症プログラムでは、あなたの「本当にやりたいこと」を見つける、

踏み出せるように元多汗症の私がお手伝いします。

本当にやりたいことがあれば、持っている悩みは乗り越えるべき壁、あるいは単なるノイズになります。実際に多くのケースを目にしてきました。

私のコーチングはビジネスマンの方が中心ですが、あれだけ囚われていた人間関係の問題が自分の目指すゴールを見つけたことで、取るに足らない悩みに変ったり、不安への恐怖が実は思い込みだった、ということに気付けたり、と行動が変わるのです。

多汗症の悩みも私はコーチングで変えられると信じています。

その未来、

汗の悩みがあっても、

目指せるものではないでしょうか。

 

まずは「多汗症の完治」をゴールにしないこと。

そう意識していることに気づけたら、一歩を踏み出したことになります!

積極的に「汗のゴール」を手放していきましょう!

 

結果として、汗を気にしない自分を手に入れることができますよ^^

脱・多汗症7日間プログラム

多汗症をコーチングで克服した経験をもとにセルフプログラムを作成しました!

多汗症の悩みから抜け出す方法を7日間で実践できます。
リリース公開記念の特典もご用意しています。
ぜひご登録ください!

今すぐ登録する